アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「音響の本」のブログ記事

みんなの「音響の本」ブログ

タイトル 日 時
office acoutis (オフィス アコーティス) スタート!
office acoutis (オフィス アコーティス) スタート! 2012年3月、ついに multiple 音楽スタジオ「魔法の音楽室 studio acoutis」が完成しました。 これを期に、これまで別々に運営されていた 音響測定技術クラブ、個人事業としてのインベストメント、翔文社さんから刊行させていただいている音楽音響書籍の企画・執筆・編集などを統合し、 office acoutis としてスタートさせました。 新たにwebsite office acoutis もほぼ出来上がりました。良かったらぜひ、いらっしゃってください。よろしくお願いし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/23 23:49
H.F.オルソン博士著  『音楽工学』
H.F.オルソン博士著  『音楽工学』 今回は、ちょっとアカデミックな話題です H.F.オルソン博士の『音楽工学』という書籍。 1969年(初版)に刊行された古〜い音楽音響学の専門書です。音響学を勉強する者にとってのバイブル的な書でした。 ボクも学生時代に、頑張って・頑張って読んだものでした。 内容の1割くらいしか理解できなかったように思いますが...($・・)/~~~ ☆ 先日、卒業生から音律についての質問があり、なかなか難しい質問だったので即答を避け... この本など、数冊の書物で調べてみたのですが..... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/25 22:52
acoustic と acoustics
acoustic と acoustics なにやら難しい話だ と思われるかもしれませんが、ちょっとだけお付き合いを... ボクの本、ミュージックアコースティックスは「アコースティックス」ですが、楽器の世界ではよくアコースティックスではなく「アコースティック」という言葉がでてきます。アコースティックギター、アコースティック録音...といったように。 どう違うのでしょうか? まず、アコースティックですが、これは直訳すると「音響」という意味です。(←英語的な発音では、アクースティックとなります)そこで、エレキ楽器に対して、楽... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/02 23:41
検索エンジンの不思議
検索エンジンの不思議 音響測定技術クラブのトップはこちらhttp://onsokugijutu.web.fc2.com/なんですよ、本当は。 でもね、様々な検索エンジンで「音響測定」と入力すると、なぜかココか、あるいは音響測定.toho blog が上位に出てきます。  特に後者に至っては、一番アクセス数が少ないサイトなんですよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/05 21:17
ミュージックアコースティックスの宣伝用チラシ
ミュージックアコースティックスの宣伝用チラシ ミュージックアコースティックスの宣伝用チラシのデザインができあがりました。 これを印刷して配布しますが、さて、どこから営業開始しましょうか。 本に特別寄稿していただいた先生方から、各方面への紹介のお申し出をいただき、ありがたいやら、恐縮するやら。 本当にありがとうございます! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/01 16:13
ミュージックアコースティックスの内容
ミュージックアコースティックスの内容 ミュージックアコースティックスは、音楽と音響についての100の項目(と11の副項目)を挙げ、各項目2〜3ページで読み切り解説しています。取り上げている項目は、 音高、音程、音律、音階、和音、和声、調性、リズムの成り立ちや仕組み 楽器の分類、奏法、発音構造、音域、音色 イラスト付き楽器辞典 音の伝搬、室内音響、残響時間、伝送特性 .... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/16 12:08
ミュージックアコースティックス 刊行!
ミュージックアコースティックス 刊行! この度、著書ミュージックアコースティックスが翔文社より刊行されました。 おもに音響専門学校授業テキストとして使われますが、音楽と音響が好きなすべての皆様に楽しんでもらえる内容になっています。 詳しい内容は 音響測定技術クラブ に書かれています。本文の一部がPDFで読めるようになっています。 また、 翔文社ホームページ の、出版販売のページから購入することができますので、興味がある方はぜひ! ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/01 11:32
今回は「音律」も詳しく書きます!
今回は「音律」も詳しく書きます! 2010年3月発刊に向けて執筆中の data book of music acoustics ですが、前作ではあまり詳しく取り上げなかった音律についても、突っ込んで書いています。興味のある方はご期待ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/06 23:11
新作情報
新作情報 2010年3月発刊を目指して、目下、 data book of music acoustics  を執筆中です。 今回は、surume , saliy に加え、豪華執筆陣多数参加の予定です。詳しくは、順次お知らせします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/02 14:52
「やさしく楽しく音を学び、測定してみよう」がコンセプトです
「やさしく楽しく音を学び、測定してみよう」がコンセプトです 音や音楽に興味がある方。 音っていったい、どういう仕組みになってるの?っていう疑問を持っている人。 音響を学んでいるのだけど、どうも良く分からない、というみなさん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/07 19:16
本の目次
本の購入を検討しているみなさん。参考になればと思い、目次をアップしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/03 13:54
入手方法
入手方法 本日(2006年3月31日)、ついに『音響測定技術書』が発刊しました。表紙の色は、このように”眩しいピンク”になりました。我々は結構気に入っていますが、いかがでしょか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/31 21:16
愛称募集!
愛称募集! このイラストは『音響測定技術書』に出てくるメイン・キャラクターなんです。(って、そんなに何度も出てくるわけではないのですが......)どなたか、名前をつけてくださーい。コメント欄に書き込んでいただければOKです。かわいい愛称を、ぜひお願いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/14 17:38
もうすぐ!  『音響測定技術書』
もうすぐ!  『音響測定技術書』 きたる3月25日、いよいよ『音響測定技術書』が、翔文社より発売(予定)されます。 イヤ〜、ここまで来るのは大変な道のりでした。もともと題材は山ほどあったのですが、その中から何を取り上げようか? 何を捨てようか? 悩みに悩みまして......。そして、大まかな内容や項目が決まったのが去年の5月。あとはひたすら書いて、作って、書いて、作りまくりました。文を書いて、図表を作って。はじめは地道な活動でした。でも、書き進んでいくうちに独自のデータが必要になり、9月にはホールを借りて、自ら多くの実験(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/08 17:32
「音」に興味があるみなさん! 一緒に勉強しませんか?
「音」に興味があるみなさん! 一緒に勉強しませんか? 音について勉強したいと思っているみなさん。基本的な「音の理論」を知ることも大切なのですが、同時に実験などを通して具体的に体験しながら学習すると、より効果的なんですよ。 私たちは約20年間、大学や専門学校などで、実験(測定)を通して「音」のことを、たくさんの学生に教えてきました。そして、そこで培った経験や技術を世に還元すべく、この度『音響測定技術書』を刊行させました。この本では、音の基礎知識と、多くの音響的事象についての実験(測定)を取り上げています。この本を元に、みなさんと一緒に「音」につ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/01 16:07

トップへ | みんなの「音響の本」ブログ

画像



画像



画像
画像
するめ acoustics! 音響の本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる