アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「楽器辞典」のブログ記事

みんなの「楽器辞典」ブログ

タイトル 日 時
Timbales
Timbales キューバ発祥のティンバレス(ティンバルとも呼びます)は、コンガと並んでラテン・パーカッションの王様です ただし、コンガは素手でたたくので、手がものすごく痛くなったり、腫れたり、マメができたりして(@_@;)、演奏法も特殊であるのに比べると、ティンバレスはドラムスと同じようにスティックでたたくので、いわゆる打楽器の奏法=スティックコントロールができれば、すぐにでも上手く演奏できる楽器です コンガは専業プレーヤーでなければ歯が立たないのに対して、ティンバレスは打楽器奏者なら割と参入... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/23 11:46
Conga
Conga この楽器、日本では「コンガ」、アメリカでも 「conga」 と呼ばれています。しかしこの楽器の発祥の地でもあり最も盛んに使われているキューバでは、この楽器は普通「トゥンバドーラ tumbadora」って呼ばれるそうです 「コンガ」でも通じないことはないようですが、どこで間違えてこうなってしまったのでしょうね。 ところでコンガという楽器、パーカッションにあまり興味がない人でも知ってますよね。有名だから( ^)o(^ ) たまに「コンガ」と「ボンゴ」を間違えてる人がいますが、大きい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/20 00:17
Cuica
Cuica クイーカとかクイカなどと呼ばれますが、これはブラジルのサンバで使う楽器です。ブラジルなので、ポルトガル語です。 この楽器、6月3日の記事 「打楽器なのにこすって音を出す楽器」 でも取り上げましたが、今回、1枚目の写真のヤツは2枚目のよりだいぶ現地っぽい でしょ。 そぅ、この1つ目の写真の楽器は、リオデジャネイロで買ってきたものなんですよ。その分「無印」ですけど... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/19 17:04
Cajon
Cajon Cajonと書いて「カホン」あるいは「カホーン」って読みます。南米のペルーでできた楽器なので本当はスペイン語です。 意味は、そのものずばり「箱」。 そう。見た目は単なる四角い木の箱だから、どうがんばっても写真に撮るとこんなになっちゃいます すごく頑張っていろいろな角度から撮ったのですが($・・)/~~~ でも、この外観とは裏腹に「音」は最高。 たたくだけで、ホント、いろいろな音が表現できて(←低いキックのような音、鋭いスネアのような音、シャカシャカしたハイハットのような音...... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/18 23:14
Djembe
Djembe ジャンベって西アフリカの楽器なんですが、ラテン系のコンガ、ボンゴに比べて格段に皮(ヘッド)が柔らかくて、手でたたいてもあまり痛くないのです(*^_^*) (コンガ、ボンゴはめちゃくちゃ痛いですからね。本気でたたいたら・もぅ大怪我するし(@_@;) その秘密は、コンガのように皮をパツンパツンに強く張らずに、かなり緩く張っていることにあります。 皮の張りが緩いので、例えば床に置いて演奏する場合、楽器をちょっと斜めにしてボトムを解放すると、びっくりするくらい低くて太い音が響き渡ります... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/18 00:36

トップへ | みんなの「楽器辞典」ブログ

画像



画像



画像
画像
するめ acoustics! 楽器辞典のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる